Modulation of Neuron Network 神経ネットワークの調整


神経認知機能障害の補完医療


補完医療とは?


補完代替医療は、英語ではComplementary & Alternative Medicine といい、頭文字を取って CAM(カム)と言います。
補完医療、代替医療は現在でも進んでいます。
アロマは補完医療に分類されます。


CAMには、1)現行の医療をすべて止めて何か別のものに置き換える代替医療と2)現行の医療に何かを上乗せして、さらにQOLを向上させる補完医療との2つの要素が存在しますが、両者を厳密に分けることができないものも存在します。

CAMは当初、がんの終末期患者や治療法の確立されていない難治疾患を対象とした代替医療としてスタートしましたが、現行の医療に補うところの補完医療へと、さらには未病者に対する予防医学へと、漸次、前倒しの傾向がみられます。

CAMは、米国の国立補完代替医療センター(NCCAM)によれば、「通常の医療の領域外の治療法でまだ科学的にその効果が証明されていないもの」と定義されています。

臨床において、CAMは、がんを筆頭に婦人科疾患、神経・精神疾患、脳・心血管疾患、整形外科など広い領域を包括しています。


補完代替医療の特徴



非薬物治療(リハビリテーション)


非薬物療法には下記のものが上げられます。アロマは4のその他に入ります。


1 Reality Orientation (RO)

現実見当識を標的とする治療法

2 回想法

回想を通して自信獲得や心理的安定を計る

3 音楽療法

内容は多岐にわたる
音楽を媒介に、行動、態度、構えの変化を計る

4 その他

絵画療法、園芸療法、ペット療法 アロマセラピ
治療的レクリエーション バリデーション


非薬物治療(リハビリテーション)」によるアプローチ

認知に焦点をあてたアプローチ

  • リアリティオリエンテーション
  • 認知刺激療法
  • 技能訓練

刺激に焦点をあてたアプローチ

  • 活動療法
  • レクリエーション療法
  • 芸術療法
  • アロマテラピー
  • ペットセラピー
  • マッサージ

行動に焦点をあてたアプローチ

  • 行動異常を観察し評価することに基づいて介入方法を導き出すもの

感情に焦点をあてたアプローチ

  • 支持的精神療法
  • 回想法
  • バリデーション(是認)療法
  • 感覚統合
  • 刺激直面療法



「認知症の最新医療 2012年10月号」(学会誌)にアロマテラピーが取り上げられています


認知症の非薬物療法の現状と課題 -様々な非薬物療法をどう 考えていくべきか


「認知症の最新医療 2012年10月号」(学会誌)の
「2.最近注目されている非薬物療法」の
「5)アロマテラピーの現状と課題」の項目で、
アロマセラピーによるメカニズム
認知機能改善効果が紹介されています。

 「認知症の最新医療 2012年10月号」(学会誌)


神経認知機能障害の非薬物療法



  • においの研究ページ

  • においと脳ページ






Copyrightc 2018 MNN アロマブレイン. All rights reserved.