伊藤 守

院長
伊藤 守Ito
Mamoru

いとうまもる診療所 院長

元大阪市立大学臨床教授

プロフィールはこちら

松田 史博

松田 史博Matsuda
Fumihiro

消化器内科

プロフィールはこちら

松田 優樹

松田 優樹Matsuda
Yuki

糖尿病内分泌内科

プロフィールはこちら

地域の皆様と医療介護関係者の皆様へ

ご挨拶

継続と発展へ

2010年6月16日、いとうまもる診療所が発足し皆様とともに歩んでおります。

おかげさまで、2010年3月から、音田医院より、いとうおとだ診療所を経て、皆様に継続してご利用いただくことができました。地域に根ざした診療を行われておられました音田篤先生とともに、更に地域に根ざして診療所運営を行っていく所存です。

今後とも、皆様のご意見をお聞きしながら地域とともに発展する診療所を目指します。

また、診療所は24時間体制で在宅医療にも取り組んでいく所存です。気軽に、皆様のご相談に応じれるように努力する決意です。

今後ともよろしくお願いいたします。

いとうまもる診療所 院長伊藤 守

在宅医療のチームで作る在宅マイカルテの試み

在宅マイカルテという新しい「チーム医療」の試みに貴方も参加しませんか?

「在宅マイカルテ」とは、インターネットを利用し、カルテをパートナー(患者)・医師など在宅医療の関係者間で共有することで、より質の高い医療サービスを提供するものです。

在宅医療は、パートナー(患者)を中心に、各分野の専門家がチームを形成し総合病院と連携しながら治療を行う「チーム医療」です。

「チーム医療」では、チーム内での密接な連携が重要です。しかし、在宅医療では関係者が顔を合わせる機会も少なく、主な情報共有手段が患者宅のノートなため患者宅に訪れるしか情報を確認することができない等、密接な連携が容易ではありません。

一方、最近はインターネットを利用することで、いつでもどこでもすぐに必要な情報を共有できる時代です。当診療所の在宅医療では、カルテをインターネット上で共有する「在宅マイカルテ」を導入することで、より質の高い医療サービスの提供を目指しています。

「在宅マイカルテ」のご希望がありましたら、ぜひお申し出ください。

【注意点】
  • ※パソコン・モバイル等問わずインターネット環境があり、
    メールアドレスをお持ちの方のみとなります。
  • ※環境によってご利用いただけない場合もございますので、ご了承下さい。

MNN(神経ネットワーク再構築)のご案内

「健康で美しく知的な長寿をめざしていただきたい」という思いのもと、最新装置の導入など心身の能力を創出する治療を積極的に取り入れています。

主な内容としては次の2点を行っています。

ご希望がありましたら、ぜひお申し出ください。

  • 高頻度磁気刺激(神経ネットワーク再構築)
  • 発達障害(発達障害診断外来)
  • においと認知症
  • 健・美・知・長寿
  • 患者情報管理システム
  • MNN(訪問看護 医療と介護の連携)
  • 希望が丘ケアプランセンター住まいと住まい方
  • 地域の皆様と医療介護関係者の皆様へ
  • 求人募集情報

診療所所在地

〒590-0422
泉南郡熊取町希望が丘3-7-14

詳しい交通のご案内はこちら

携帯電話で地図にアクセス

QRコード

ページ上部へ戻る